サプリ研究所

私が選んだオススメの栄養補助食品を紹介します


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サプリ研究所 TOPへ
サプリメント|サプリ|健康|IQ|ダイエット
花粉ニュース

花粉:スギ、ヒノキの飛散量、昨年の3倍超 県など予測、夏の猛暑が影響 /山梨
2月7日13時1分配信 毎日新聞


 ◇きょうにも飛散開始
 今年のスギとヒノキ花粉の県内飛散量が、昨年を約3倍上回る見通しであることが、環境省と県衛生公害研究所によるそれぞれの分析で分かった。昨夏の猛暑の影響とみられる。飛散開始について、同研究所は7日ごろと予測しており、今年は多くの人を悩ませそうだ。【吉見裕都】
 前年の甲府市での花粉飛散量は実測で、同省と同研究所ともに1平方センチ当たり1404個だった。今年の予測量は、同省が昨年の3・2倍にあたる4498個で、埼玉県(3・3倍)に次ぐ全国2位の伸び率だった。同研究所も、2・9倍の4100個と予想した。05年春(1万2999個)ほどではないが、昨年や一昨年(948個)を大幅に上回る予測値となった。
 同研究所によると、飛散する花粉の量はスギとヒノキの花芽の量に関係し、花芽が形成される前年夏の気温や日照時間が影響する。昨夏は全国的に猛暑になり、甲府市の最高気温は8月、連続8日を含む12日間で35度を超える猛暑日だった。
 同研究所によると、1平方センチ当たり1個の花粉が、2日連続で観測された場合に1日目を飛散開始日とするが、5日まで花粉は観測されていない。元日からの最高気温の積算が400度を超えると飛散が開始するといわれ、7日が有力としたが、3日が大雪となるなど寒い日が続いており、先に延びる可能性もある。
 ◇薬店には花粉症対策コーナー
 笛吹市石和町広瀬のドラッグストア「ツルハドラッグ笛吹店」では、1月中旬から花粉症対策の特設コーナーを設置。マスクや服用薬などが並んでいる。
 同店によると、これまでは出た症状を鎮める薬が主流だったが、今季は早めに飲み始めることで発症を抑える効果を狙った市販薬も出てきており、売れ筋とにらんでいる。

2月7日朝刊




スポンサーサイト


サプリ研究所 TOPへ
サプリメント|サプリ|健康|IQ|ダイエット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoumania7.blog31.fc2.com/tb.php/18-16a26afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。